水道管を管理している男性

安全な住まいの確保を

給油水道

住宅は長年使用しているといろいろな個所がくたびれてきます。特に外気の触れる外側の壁は傷みやすくなっています。 外壁に関しては、家を雨や風、日光から防ぐというとても重要な役割があります。一方、内装にもくたびれた箇所が出てきます。例えば床などは人が良く歩く箇所で軋みや割れなどがあります。そこまでいかなくても傷は確実についていくでしょう。そこで住宅メンテナンスが必要になります。 では、住宅メンテナンスと類似のものは何があるでしょうか。類似のモノにはリノベーションがあります。リノベーションは単に家を直すだけでなく、その家自体の価値を付けることを目的としています。例えば住宅そのものをオール電化にしてしまったり、リビングと隣の部屋の壁をぶち抜いてリビングを広くしたりすることで価値を上げるのです。

住宅メンテナンスをする場合に一番気になるのがその価格ではないでしょうか。住宅メンテナンスでは、おおよその価格は決まっていますが、あまりに破損個所がひどいと余分にお金がかかってしまいます。例えば、建坪が25坪の家の外壁塗装の例だと、単に外壁塗装をするだけであれば40万円もあれば十分立派なものができます。ですが、外壁が朽ちていたり、外壁自体が崩れ落ちてしまっていたりした場合は、下地の部分の修理をしなければならないことからその分も余分に修理をしなければならなくなります。それをできるだけ防ぐためには、定期的に自宅のメンテナンスをすることです。少し壊れた箇所が見つかった場合は、今はお金がないから後回しということになると、後々払わなくてもいいお金を払うことになるのです。